リバウンドのメカニズムを知ればダイエットの停滞期を乗り越えられる

どうしてリバウンドが起きるのか?
ダイエットをすると停滞期になるのはなぜか?

これらのメカニズムを知ることはとても大事です。

ダイエットをした時に発生するリバウンドや停滞期は、はっきりとしたメカニズムがあり
ますので、知っておくといいでしょう。

食事の供給が途絶えると、人体は代謝を低く抑えることで少ない食事量で生きていられる
ようになります。

少ないエネルギーでも生存を可能にするため、人体はエネルギー消費量を少なくするので
体脂肪が燃焼しづらくなるわけです。

少ないエネルギーを上手に使うためには有効な機能ですが、ダイエットにはまったく逆の
効果として働いてしまいます。

ダイエット中に停滞期に入ると、いくらダイエットを頑張っても体重が減少しなくなって
しまうので、精神的なダメージも少なくありません。

体重を落としたいからと好物を口にしない状態が続いたり、お腹がすいても少ししか食べ
ない状態でいると、ストレスも蓄積していきます。

停滞期は、ダイエットを続けていればほぼ確実にやってくるものですので、事前に停滞期
への備えをしておくといいでしょう。

ダイエットのために食事量を少なくしていると、筋肉が弱まり新陳代謝が下がって、体重
が減りにくくなります。

カロリー制限によって体重を減らすことは可能ですが、ダイエット前の食事に戻すと基礎
代謝が下がっているため、一気に体重が戻ってしまいます。

リバウンドが起きてしまう問題を解決するためには、エネルギー源として必要な食事量を
確保して、同時に運動も行わなければいけません。

運動と食事のバランスが保たれているダイエットにすれば、リバウンドの可能性は極めて
低くなります。

このページの先頭へ