ダイエットをする時にはリバウンドの対策が必要不可欠

ダイエット時にはリバウンドのメカニズムを理解した上で対策をしておくことが必要です。
リバウンドの対策をしておかなければ、ダイエットを終了した途端に体重がもとに戻って
しまいます。

努力を重ねてダイエットをしたはずがリバウンドが起きたために減量分が増量してしまい
ダイエットが無駄に終わったという体験談もあります。

ダイエットとリバウンドを何回も繰り返していると、代謝が低くなって、ダイエット効果
自体が現れにくくなります。

リバウンドとは、どういう時に起きるものなのかメカニズムを正しく持っておくことで、
ダイエットの成功率が高くなります。

リバウンドが起きるのは、ホメオスタシスという働きを人の体が持っているためです。
ホメオスタシスは、体温や血圧などを維持する機能です。

エネルギー消費量の高い筋肉が減少することによる基礎代謝の低下や満腹中枢を刺激する
レプチンの分泌低下もリバウンドの原因としてが考えられます。

普段の生活では食事により摂取する栄養量と、ホメオスタシス、基礎代謝、レプチン分泌
とのバランスが保たれています。

短期間で体の状態が大幅に変わることは負担が大きいことなので、変動しすぎないように
体の中では今の条件でつり合いをとろうとしています。

体に負担が大きいダイエットをすると、ホメオスタシスは異常事態が発生したと判断して
身体をできるだけ元通りにしようとします。

いきなり環境を変えると、体にとって負担になります。
ダイエットをする時は、少しずつ変えていくことを心がけて、気長にやりましょう。

リバウンド対策を意識したダイエットをする時には、身体に負担がかかりすぎないように
ゆっくりとしたペースで体重を落としていくことです。

このページの先頭へ