乾燥肌の対策には食べ物を選択すること

乾燥肌は、お肌の水分量や皮脂分泌が少なく、保湿因子なども不足している状態になって
います。

皮膚がかゆくなったり、赤く腫れたりする原因として、乾燥気味で防御力の低下した皮膚
に、かびやほこりが付着して刺激することがあります。

乾燥肌対策には、保湿成分を配合したスキンケア用品の利用も効果的ですが、肌の保湿に
効果的な食材を補給するのもいいようです。

乾燥肌への対策として食事で保湿力のある成分を摂取することは、肌の保湿力を向上する
作用が得られるものといえるでしょう。

ニンジン、ピーマン、カボチャ等の緑黄色野菜には、ビタミンAが豊富に含まれており、
皮膚の粘膜を強化して、保湿力を維持するという役割があります。

肌の新陳代謝を助け、肌トラブルからの回復を早める効果があるビタミンBは、玄米や、
豚肉といった食材に特に多く含まれています。

ビタミンCは皮膚のコラーゲンの生成を助ける働きがあり、レモンやいちご、キャベツ、
みかん、オレンジなどの野菜や果物に多く含まれている成分です。

ビタミンEには、体内の酸化を抑制する効果があり、血液の流れをスムーズにしてくれる
成分です。

多くのビタミンEを摂取することができる食べ物には、アボカド、ごま、アーモンド等の
ナッツ類があるため、機会があったら食事に使うといいでしょう。

肌の保湿効果が期待できる食材は、店頭にたくさん販売されているものが多いので、材料
の調達に手間をかけすぎずに調理に取り組めます。

水溶性ビタミンであるビタミンB、Cは、大量に摂取しても、体内で使い切れなかった分
は尿や汗になって排出されてしまいます。

乾燥肌の対策に、食事の見直しはとても重要な役割を担っています。
しかし、それだけではなく、若いままの肉体を維持したり、健康状態の改善にも、食事の
見直しは大切です。

このページの先頭へ