にきび痕を皮膚科で治療する方法

にきびが出来ても放置している人が少なくありませんが、症状が全く良くならない場合は
皮膚科で治療してもらうことが出来ます。

にきびくらいで病院には行きにくいと感じる人もいますが、にきびが化膿してくると皮膚
にダメージを与えてしまいます。

若いころのにきびと、成人的からのにきびは、仕組みが違います。

若い頃に出来るにきびは皮脂の過剰な分泌によって発生しますが、年齢を重ねる毎に改善
されていきます。

とはいえ、若い頃はお肌の回復も早いですから、できたにきびを不用意に刺激しなければ
また、元通りのお肌にすることができます。

成人してからできるにきびは、不健康な食事や、精神的なストレスによる肌の免疫力低下
が原因です。

回復が遅く、にきび痕ができやすいにきびになります。
大人になると肌の再生能力が衰えるので、元のきれいな肌に戻る事は難しいでしょう。

そのため、にきび治療には、レーザーを使うという選択肢もあります。
レーザーでしみやほくろを除去するという方法がありますが、にきび痕にも適用可能です。

レーザーをにきび痕に当てる事でかさぶたを作り、かさぶたが取れるとかさぶたの下から
キレイな肌が出来るのです。

にきび痕がいくつもある時は、レーザー照射を一度で済ませることは無理ですので、まず
施術回数や治療費について確認する必要があります。

にきび痕の治療は、保険の適用外になることもあります。まずはカウンセリングを受けて
にきび痕の治療方法や、費用についてよく確認してください。

このページの先頭へ