にきびの痕の治療はレーザーが効果的

にきびが顔にできると非常に気になるものですが、場合によっては痕が残るので気をつけ
なければなりません。

にきびが出来た箇所を汚れた手で触ったり、最悪の場合潰してしまうことがありますが、
対処が悪いとにきび痕が残ってしまいます。

皮膚の深い部分までにきびによる肌の浸食が進むと、お肌に回復不能のダメージを受ける
ことがあります。

お肌にできたにきびの症状が、皮膚の深い部分にまで影響を及ぼすと、皮膚がクレーター
状にへこんでしまうことがあります。

不用意ににきびに触れたり、指先でつついたりしていると、にきびが悪影響を受けて症状
がひどくなったり、腫れたり、破れたりということが起きます。

にきびが悪化して、治ってからも皮膚ににきびクレーターがある時は、時間をかけて直さ
なければいけません。

毎日のスキンケアで、ビタミンC誘導体などの有効成分が配合された化粧品を使ってお手
入れを行う必要がありますが、たいへんな根気がいります。

自分でお手入れを続けていてもなかなか結果に繋がらない時は、病院の皮膚科でにきびの
痕の専門的な治療を受ける方法もあります。

お肌の状態や、にきびの症状は、人によって違います。
どんな処置をすればにきび痕を残さないようにするか、場合によっては、病院で診断して
もらったほうがいいでしょう。

病院では、にきびの中にある体液や膿を取り出したり、皮膚細胞が新しくできて、にきび
の治りを早めるような外用薬を用いるなどの方法で、症状に合わせたにきびの治療をして
います。

お肌がでこぼこしているとどうしてもクレーターが目立つことから、炭酸ガスレーザーで
クレーターの角を除去してしまうという治療も受けることができます。

日々のお肌の手入れだけでは、にきび痕への対処が難しいことがありますので、医療機関
を受診することも考えるといいでしょう。

このページの先頭へ