ヒアルロン酸注入によって起こり得る副作用

お肌のたるみ改善や、鼻の高さを増やしたいという人の間で、ヒアルロン酸の注入手術が
注目されています。

メスを使った整形には抵抗があるけど、セルフケアでは限界を感じる人が取り入れやすい
治療法です。

ヒアルロン酸の注入施術をうけたいが、副作用が起きるかもしれないことが怖いという人
もいます。

起こりえると考えられているヒアルロン酸注入の副作用とは、一体何でしょう。

ヒアルロン酸は、人体にある成分と同じものなので、異物として過剰に反応される心配は
ありません。

ヒアルロン酸注入によって発生する可能性がある副作用としては、皮膚の腫れや、ひどい
内出血です。

これらの症状は、ヒアルロン酸を注入する時に細かい血管を傷つけることで起きますが、
メイクでカムフラージュ可能ですし1週間くらいでおさまります。

ヒアルロン酸の注入はボリュームを増すことで効果を狙うものなので、肌に凹凸が出来て
しまう可能性があります。

その対策として、マッサージケアをしてヒアルロン酸の出っぱった部分をへこませたり、
溶解液を注射するといった手法があります。

1カ所にたびたびヒアルロン酸を注入していると、皮膚にしこりが残る可能性があるため
様子を見ながら施術を決める必要があります。

この他に考えられる副作用として、血流障害が挙げられます。

お肌にトラブルが発生する可能性は低いですが、時々、副作用が発生する可能性があると
いう事実を踏まえた上で、ヒアルロン酸の注入を受けるようにしてください。

自宅で手軽にほうれい線解消法であれば、これらの副作用に悩まされる心配もありません。

このページの先頭へ