【高血圧症改善プログラム】東洋医学を用いた1日15分の高血圧改善法

koketuat

click-button

高血圧を改善するために医師から言われることとしては、降圧剤などの薬を除けば以下の2点が
中心になります。

  • 定期的な運動
  • 塩分を中心とした食事制限

しかし、あなたも実践した経験があればわかると思いますが、運動療法や食事療法の効果は皆無
に近かったのではありませんか?

我慢に我慢を重ねて、毎日1万歩歩いてみたり、定期的にスポーツに取り組んで、お酒や食べ物
を控えても、いつまでたっても血圧は高いままだったという結果ではありませんか?

それ以前の問題として、減塩をしても高血圧で悩む人の60%は全く改善しないというデータが
公開されています。

残り40%の人にとっては減塩することが高血圧の改善につながるという意味においては全くの
無駄とはいえませんが、あなたが60%に当てはまるのか40%に当てはまるのかは病院で詳しく
検査をしないとわからないので、とりあえず減塩したほうが無難という話でしかありません。

また、即効性が期待できる降圧剤に関しても、熱冷ましなどと同じように、症状を抑える効果
しかありませんので、降圧剤の効き目がなくなれば元通りの高血圧に戻る事は、あなたも既に
知っているかもしれませんね。

そこで、中国健康法研究所所長の邱淑惠さんは、自分の得意分野というべきか「東洋医学」を
用いることで高血圧を改善できる場合があると指摘します。

100%必ず効果があるなどと思っていると失望するかもしれませんが、西洋医学で改善しない
高血圧を東洋医学で改善したというケースは、全てではありませんが意外に多いものです。

そこで、東洋医学を用いた高血圧改善法を、あなた一人で好きなところで実践できるように、
日本長寿堂医学健康医院院長の辛勇さんとともにマニュアルにまとめました。

それが「高血圧症改善プログラム」です。
1日15分間、ツボを刺激して気功体操を行うだけです。

【続きを読む】

このページの先頭へ