【スーパー糖尿病改善プログラム】食事制限や定期的な運動で改善しない理由は?

tonyobyo

click-button

糖尿病になったら、必ず医師から言われるのが以下の2点です。

  • 食事制限(カロリー制限、糖質制限など)
  • 定期的な運動(1日1万歩以上など)

しかし、多くのケースでは、どちらを努力して続けても血糖値がなかなか改善しないことから
インシュリン注射や薬頼みの状況から抜け出せなくなるばかりか、医師からは努力が足りない
などと説教をされてイライラしたり、時には喧嘩腰になることもあるでしょう。

医師だけでなく、家族間でも険悪な雰囲気が漂っているかもしれませんね。

「誰のためだと思っているんですか?」
などといった具合に、反論できないように言いくるめてしまうのも、ますますムカつく結果に
なりかねません。

糖尿病改善アドバイザーとして多くの相談にのっている本庄さんも、無意味なだけでなく患者
さんの感情を不用意に逆なでする医師の対応に腹立たしく思っているそうですが、運動療法や
食事療法以外の改善策が医学の世界には存在しないことによる限界もあると指摘します。

このため、運動療法や食事療法を実践しても成果が出なければ、患者の責任だというしかない
わけです。

もちろん、薬を使っていれば悪化を食い止めることはできますから、無駄とはいいませんが、
副作用の心配であったり、医療費の負担などが重くのしかかってくるものです。

そこで、本庄さんが今までにアドバイスを行ってきたノウハウをもとにして、なかなか改善が
できない糖尿病を、とてもシンプルでありながらも非常によく練られた内容で短期間で根本的
に改善するという「スーパー糖尿病改善プログラム」を作成しました。

早ければ1週間、平均して数週間後には糖尿病の症状が改善したように感じられるだけでなく、
血糖値なども改善が見られるようになると本庄さんは断言します。

【続きを読む】

このページの先頭へ