【下痢改善プログラム短期集中講座】過敏症腸症候群や神経性下痢を解消!

geri

click-button

下痢」になると、激しい腹痛に襲われて、脱水症状や酸欠状態になって頭がフラフラして
死にそうになる程につらい思いをすることは、私も何度も経験しており良くわかります。

この下痢症状が飲み過ぎや食べ過ぎ、食中毒などによって生じるものであれば、出すものを
出してしまえば、しばらくは胃腸の具合がイマイチよくなかったとしても時間がたてば解決
しますが、過敏症腸症候群神経性下痢ともなると、そう簡単にはいきません。

通勤・通学にバスや鉄道を使っていれば、毎朝、早朝に家を出て、何度も途中下車をしては
行列している大便器の前で順番待ちをしながら脂汗をかいたり、腹痛に苦しんでいるのでは
ないでしょうか。

時には、我慢できずに「おもらし」してしまったこともあるかもしれません。

毎日、遅刻しそうになりながら、心身ともに疲れ果てた状態で始業を迎えるといった生活を
送っているのではないか
と思います。

このような生活が続くと、いじめなどがなくても出社拒否や不登校のきっかけになりますし
うつ病や神経症を発症する可能性も十分になります。

JRの場合だと車内にトイレが付いている車両も少なくありませんが、私鉄であれば駅にしか
トイレがない場合がほとんどですから、下車する時間がロスタイムになるのは痛いとしても
目的地に到着するまで我慢できるはずもなく、苦痛に感じているのではないでしょうか。

岩崎裕二さんも中学3年の頃から過敏症腸症候群に苦しめられて通学の際は途中駅を抜かす
急行や快速などに乗ることはできず、時間はかかっても数分ごとに降りることができる各駅
停車にしか乗れなくなったといいます。

余談ですが、JR北海道の上白滝駅から隣の上川駅までの間は1時間8分もかかりますが、過疎
地もいいところで乗客が皆無に近いのと、車内にトイレが設置されていることから、過敏症
腸症候群であっても行きたい時にトイレに行けることもあって、意外に楽だと思います。

さて、2年間にわたって試行錯誤した結果、岩崎さんは通勤快速や私鉄特急など鉄道会社に
よって呼び方は違うでしょうが、何十分も止まることなく走り続ける電車に、腹痛や下痢を
いっさい気にすることなく、他の乗客と同じように乗れるようになった
といいます。

もちろん、精神安定剤や下痢止め、胃腸薬などを一切使わず、今まで苦しんでいたのが嘘の
ように解決できる
というのですから驚くのではないでしょうか。

【続きを読む】

このページの先頭へ