【インディゴチルドレンの地球対応マニュアル】オカルト面は無視しても対策は必要!

indigo

click-button

インディゴチルドレンは、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレン、宇宙チルドレン、
スターチャイルド、スターシードなどと呼ばれたりしていますが、インディゴ・ブルー(深い
藍色)のオーラを持つ子供たち
であるとか、新しい時代のメッセンジャーなどと提唱者が言い
だしたことから、胡散臭いオカルトとして決めつけられているのが現状です。

提唱した本人は超次元のインディゴを正しく理解できる賢い自分などと考えているのかもしれ
ませんが、説明があまりにも杜撰で悪すぎることから全くと言っていいほど無視されているの
が実情です。

もちろん、伝達者やオーラを持つといった話は別としても、インディゴチルドレンが持つ特性
というものには注目する必要があります。

インディゴチルドレンには従来の精神科の概念では捉えきれない現象が見られることも事実で
あって、発達障害(ADHD)やうつ病、パニック障害、統合失調症といった具合に既製の枠内に
無理矢理押し込めて診断した結果、いつまでも改善しない傾向があります。

その結果、ますます薬漬けにされてしまい、副作用に苦しめられるといった二次被害を受けて
しまうのです。

そもそも、これらの精神疾患にかかっているわけではなく、インディゴチルドレン独自の習性
によって起こっている
わけですから当然でしょう。

それでは、インディゴチルドレンが出来るだけ違和感が少なくなるように日常生活を送るため
には、どうすればいいのでしょうか?

メンタル面のカウンセリングを数多く行ってきた、ハイパーコンサルティングジャパンの須藤
裕司
さんが、これまでの臨床経験をもとに「インディゴチルドレンの地球対応マニュアル」と
いうマニュアルにまとめました。

多くのインディゴチルドレンの皆さんが行ってきた対処法をまとめたものです。

【続きを読む】

このページの先頭へ