【緑内障5アプローチ】緑内障の原因は「目」そのもの以外に存在する

ryok5apr

click-button

緑内障といえば、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こって
視野が狭くなるという「目の病気」ですから、当然ながら「目に根本原因がある」と考える
ものです。

しかし、緑内障改善アドバイザーとして活動を行っている、視力向上委員会の前田さんは、
緑内障の原因は「目」そのもの以外のところにあると断言します。

いったいどういうことなのでしょうか?

一般的には眼圧が高くなると緑内障を発症し、目薬などを使って眼圧を下げたり、目を手術
するといった手法で緑内障の治療を行いますが、前田さんは「血流」と「自律神経」という
2つのポイント
に着目しています。

  • 滞った血流
  • 自律神経の乱れ

この2つの原因によって眼圧上昇を引き起こしていることが医学的研究で明らかになりつつ
あることから、血流と自律神経を正常化することで緑内障を改善するだけでなく、完治する
事も可能になる
と前田さんは説明します。

目も身体の一部ですから、目だけに着目して治療を行う西洋医学的なスタイルだけを用いる
のではなく、体全体の改善を踏まえて取り組むことが重要なのです。

眼精疲労が頭痛や首・肩こり、ムカつきや吐き気などを引き起こすように、目のトラブルは
身体の不調につながり、身体の不調も目のトラブルの原因となるわけです。

そこで、前田さんが今までの相談実績や最新情報などを元に、自宅に居ながらにして一人で
実践できる緑内障改善法をマニュアルにまとめました。

それが「緑内障5アプローチ」です。
あなたが納得して実践できるように「5つのアプローチ」でわかりやすく解説しています。

【続きを読む】

このページの先頭へ