【子宮内膜症改善プログラム】ホルモンバランスを整えて14日間で改善を実感!

14dsikyu

click-button

あなたは子宮内膜症卵巣チョコレートのう腫子宮腺筋症などができる根本原因を知って
いますか?

そんなことわかるわけがないと叫びたくなるかもしれません。

子宮内膜移植説が有力視される一方で体腔上皮化生説なども提唱されていますが、断定する
までには至っていませんから、知らないのも当然のことでしょう。

しかし、Cell栄養研究所所長の続木和子さんは「ホルモンバランスの崩れ」が原因だと説明
します。

医学的に根本原因が特定されていないのに、どうして断言できるのかと疑問に思っているか
もしれませんし、根拠の無いエセ科学だから信用出来ないと感じている人もいるでしょう。

とはいえ、子宮内膜症の治療ではホルモン療法を行いますが、女性ホルモンの分泌を注射や
鼻薬などで停止させるというものであり、ホルモンバランスとは直接の関係はありません。

ホルモン療法で月経が起きないようにすることで、子宮内膜症の症状進行を停止させたり、
改善することができますが、当然ながら更年期障害と似たような症状の副作用が出ますので
長期間は続けられません。

ホルモン療法をやめると再び子宮内膜症が復活することも珍しくありませんから、最終的に
子宮摘出手術をするしかない状況に追い込まれるというわけです。

子宮を取り除いてしまえば、子供を産めなくなる代わりに、子宮内膜症に悩まされる心配は
いっさいなくなりますが、どうしても決断できない場合もあるでしょう。

産婦人科医も一般論として、ホルモンバランスの乱れを解消できれば生理不順や子宮内膜症
も解消できるのではないかといいますが、医学的証明はされていませんから「個人の感想」
の域を出ません。

それでも何もしないよりはということで実践したいというのであれば、続木さんが考案した
食事を中心として薬を使わずにホルモンバランスを整えて子宮内膜症などの改善をうながす
子宮内膜症改善プログラム」が役立ちます。

【続きを読む】

このページの先頭へ