【植松式3ステップアトピー改善プログラム】strongestステロイドとはお別れ!

uematopy

>>公開は終了しました<<

アトピー性皮膚炎患者にかかせないのがステロイドです。

しかし、かゆみや皮膚の炎症をおさえるというステロイドの効果の高さは認められるとしても
ステロイドを常用することで抵抗力や自己免疫機能が低下しますからアトピーが悪化する場合
もあるという「諸刃の剣」です。

アトピーにステロイドというのは悪化させたいのか改善させたいのか分からないような治療法
ですが、現時点では医学的に正しい治療法とされていることもあって、strongのステロイドが
効かなくなってくればvery strong、そしてstrongestと強化されてきます。

効き目が強いということは、それだけ副作用も大きくなってきますから、炎症は改善しても、
皮膚全体で見れば改善していかないものです。

元アトピー性皮膚炎患者の太田ゆうきさんも、ステロイドを処方され続けて皮膚が荒れていく
一方の「治療」に絶望感を感じた一人ですが、「元」というからには完治させることができた
というわけです。

いったい、どうやってアトピー性皮膚炎を根本的に解消することができたのでしょうか?

20年以上にわたって3万名以上のアトピーの相談に応じてきたという植松光子さんが提唱する
方法を実践したからだと太田さんは言います。

植松さんは中国政府が認定する国際中医師として、中国医学のエキスパートであるわけですが
西洋医学では矛盾した治療しか行えないアトピー対策でも、中医学では完治に向けた方法論が
存在する
というのです。

中医学では、アトピーの根本原因は「」だと説明します。

「だったら熱を取り除けばいい」と考えるのは対症療法に慣れた人の考え方であって、所詮は
その場しのぎの効果しか得られません。

そうではなく、「熱」を発する「熱源」から取り除かないと何度でも再発するわけです。

そこで、誰でも実践できる方法でアトピーを中医学の観点から根本的に解消できるようにした
植松式3ステップアトピー改善プログラム」が公開されました。

このページの先頭へ