【遠近式逆流性食道炎3ステップ改善プログラム】たたみ一畳分の場所があればOK

tochika

>>公開は終了しました<<

逆流性食道炎の治療法としては制酸剤が含まれる胃薬を飲む対症療法が一般的ですし、
炎症が悪化すれば手術で患部を除去するといった程度です。

つまり、症状が治まらない限りは、死ぬまで制酸剤を飲み続けなければいけないという
ことになりますから、健康保険が適用されるとは言っても医療費も馬鹿にならないもの
です。

また、仕事が忙しくて医師の診察を受けられない時などは薬もなくなって逆流性食道炎
の症状に苦しめられるわけですから、全く好ましい状態とは言えません。

そこで、鳥取県で「トオチカヘルスケア」という名称の整体院を営む遠近教一さんが、
1日15分「ヨガを改良したポーズ」をするだけで、逆流性食道炎を根本的に解消できる
方法
の開発に成功しました。

それが、遠近式逆流性食道炎3ステップ改善プログラムです。

ヨガ整体を用いて横隔膜のコリを取り除いて鍛えることで、逆流性食道炎だけでなく、
運動不足を解消してストレスを発散させることが可能となり、心身の健康を改善できる
というわけです。

畳1枚分のスペースが有れば誰でも簡単に実践できるポーズですから、どこにあるのか
知らない人のほうが多いという鳥取県米子市までわざわざ出かけなくても自宅で一人で
実践できます。

どうしてもトオチカヘルスケアに通いたいというのであれば、米子空港からタクシーで
通うなり、米子駅から境線に乗り換えて三本松口駅から30分近くを歩くか、米子駅から
直接タクシーで向かったほうがいいでしょう。

皆生温泉内の皆生ホテルにもトオチカヘルスケアの支店(THB)がありますから、予約
した上で立ち寄るのもいいかもしれません。

このページの先頭へ