【パーキンソン病ケアプログラム】パーキンソン病は「不治の病」ではないと言える理由

pakinson

>>公開は終了しました<<

パーキンソン病は難病として知られていますが、完治できる治療法が確立されていないことも
あってパーキンソン病特有の症状が出てしまったら人生が終わったかのような絶望感を感じる
人も少なくありません。

パーキンソン病自体を完治できないだけでなく、病気の進行を遅らせるための治療法さえ確立
できていない状況ですから、多くのパーキンソン病患者が絶望感に陥るのも当然と言えるかも
しれません。

パーキンソン病治療改善アドバイザーの藤本さんは、医学的な治療法とは異なる独自の観点で
アドバイスやケアを行ってきたといいますが、体を酷使することなくパーキンソン病の進行を
出来る限り食い止めることは可能
だと言います。

一見するとノーベル賞レベルの大発見と言えるのではないかと思いますが、そんな話は聞いた
事がないのではないでしょうか。

あなたも、トンデモ科学に引っかかって人生を台無しにされるのはゴメンだと思っているかも
しれませんね。

西洋医学が信用出来ないからといって代替療法だけを行った結果、がんの進行が劇的に早まり
生存確率が絶望的に低下したケースなどは数えれきれないほど存在します。

藤本さんは、神経伝達物質として知られるドーパミンの減少がパーキンソン病を引き起こして
いる原因であると言いますが、この事自体は確かに医学的な研究でも明らかになっている事実
です。

医学的な治療法の一つとして、パーキンソン病の発症によって減少していくドーパミンを補給
する対症療法
が行われていますから、この事自体はオカルトでもトンデモでもありません。

ドーパミンを補給するための薬もありますから、既に飲んでいるのではないでしょうか。

藤本さんは薬以外でも、食事や運動、ストレッチなどでドーパミンの減少を食い止めたり増加
させることは可能だというのですが、トンデモ科学に基づく机上の空論というよりは、根拠は
説明できないが臨床的に成果が出ている方法を知っているというだけの話です。

つまり、メカニズムは科学的に証明できないとしても成果が出る手順を知っているというわけ
です。

その方法をまとめたのが「パーキンソン病ケアプログラム」というマニュアルです。

このページの先頭へ