【児玉式いびき改善プログラム】間違ったいびき改善法は状況が悪化するだけ

kodaibi

>>公開は終了しました<<

いびきが厄介なのは、鼾をかいている本人が無意識だという点です。

迷惑だからやめてくれといったところで本人は意識がない状態ですから、自分で気をつけて
いびきをかかないようにするといったことは不可能
です。

それこそ、睡眠薬を飲んで寝ている状態でも、いびきだけはしっかりとかいているといった
ケースも珍しくありませんし、いびきをかきながらの気絶や失神には脳梗塞のおそれがある
といった深刻な場合もあるわけです。

永遠にいびきをかかないようにするためには殺せばいいといったブラックユーモアをいう人
もいますが、思わず殺意を抱くほどに「いびき」という騒音公害はひどいわけです。

いびき改善アドバイザーの児玉さんは、イビキで迷惑をかけている多くの人々にアドバイス
をしてきたといいますが、対症療法的ないびき対策では意味が無いどころか場合によっては
逆に悪化させることさえあると指摘します。

しかし、イビキの改善方法というのは、誰でも完璧に完治できるようなものは存在しない
いう状況です。

レーザー手術を行えば誰でもイビキを解消できると思われがちですが、手術を受けても改善
しないというケースが存在していることも事実
です。

過去には、レーザー手術で後遺障害が出たことで医療ミスによる損害賠償請求が出たことも
ありました。

児玉さんはいびきの原因に合わせた改善策を行うことが重要だと言います。

そこで、今まで行ってきたアドバイスを元に、児玉さんがイビキを根本的に解消するための
手法をまとめたマニュアルを作成しました。

それが「児玉式いびき改善プログラム」です。
早ければ数日、遅くても2週間程度で効果を実感できるという即効性がうれしいですね。

このページの先頭へ