【薬も止められる自宅喘息療法】東洋医学で治療をすれば完治できる!

zensoku

click-button

なかなか喘息が良くならずに困っていませんか?

発作が出れば頓服薬を飲めば症状がおさまるとは言っても、症状が出ないうちから頓服薬を
飲んだところで喘息の発作を予防できるわけではありませんし、日常的に服用している薬に
しても喘息自体を治療するための治療薬ではなく、症状を抑える効果しかありません。

インフルエンザウイルスを殺すタミフルやリレンザのような薬は喘息には存在しないという
のが厄介な点です。

また、喘息を治療するために手術を行うことがありますが、喘息の発作で狭くなった気道を
広げることが目的であって、手術をすれば喘息が完治するといったものではありません。

更には手術の際の麻酔の影響で喘息の発作が出るおそれがあるというのが厄介ですね。
麻酔の影響で喘息の発作が起こってしまい、手術終了後に呼吸困難で生き地獄を味わったと
いう喘息患者もいますから他人事とは思えないのではないでしょうか。

だからこそ、現代社会においても、喘息を改善するには空気のきれいな田舎で住んだほうが
いいといった前時代的な手法がいまだに推奨されている一面もある
わけです。

北京中医薬大学で鍼灸治療を学んできたという北京堂鍼灸治療院の浅野周院長は、今までに
東洋医学のアプローチで数々の病気を改善させてきたといいますが、喘息で悩んでいた人を
完治させたケースは100%という実績を持っています。

喘息は「免疫システムの異常」が原因だから、免疫システムを正常化させれば喘息も自然に
消滅するというわけです。

この「免疫システムの異常」を解消するには西洋医学では無理があることから東洋医学的な
アプローチのほうが完治させやすい
と浅野さんは説明します。

そこで、自宅に居ながらにして、喘息を根本的に改善できる方法を浅野さんがマニュアルに
まとめました。

それが「薬も止められる自宅喘息療法」です。

【続きを読む】

このページの先頭へ