【3ステップ夜泣き改善マニュアル】実践者の87.5%が効果を実感したメソッド

yonaki

>>公開は終了しました<<

赤ちゃんの夜泣きに苦しめられていませんか?

赤ちゃんは泣くのが仕事だからといっても、一晩で何回も泣き続けたり、一度泣き出したら
何時間も叫び続けるといった具合に、明らかに異常といえるような泣き方を続けているので
あれば、赤ちゃんの睡眠が浅いおそれがあることに注意する必要があります。

眠りが浅いと成長ホルモンの分泌が不十分になり、成長してから後悔しても手遅れになると
いったケースが出かねませんので、過度の夜泣きに関しては改善する必要があるのです。

赤ちゃんが夜泣きをしないようにするためには、何をすればいいのでしょうか?

夜泣き解消アドバイザーの藤原貴代子さんは、簡単に実践できる「3つの事」を日常生活に
取り入れることで、徐々に生活環境が改善されるていくことで、夜泣きの回数が減るだけで
なく、夜泣きの時間も短くなっていく
と説明します。

生活環境の改善と言っても、赤ちゃんが疲れ果てるほどに運動させる必要はありません。

1ヶ月もすれば、夜泣きに悩まされなくなると藤原さんは断言しますが、12.5%の実践者が
失敗していることから、必ず成功するものではないことには注意が必要です。

なお、失敗と言っても、全く効果がなかったというケースもあれば、夜泣きの回数が減って
改善されたが不十分だったというケースもありますので、何も改善しなかったり悪化したと
いうようなケースに限って言えば、更に少ないことになります。

真夜中の授乳や抱っこなどの回数が減るだけでも、負担が大幅に減るのではありませんか?

ぐっすりと睡眠をとることで、成長ホルモンも十分に分泌されるようになりますし、あなた
自身の精神的・身体的なストレスも大幅に軽減されるのです。

このページの先頭へ