【アダルトチルドレン専用トラウマ除去プログラム】劣等感を消しさって生きづらさを解消

ac

click-button

アダルトチルドレン」という言葉は誤用されることが珍しくありません。

よくある間違いとしては「大人になりきれていない未熟な人」だといった定義ですが、誤用と
いうよりも、この定義の方が一般化している傾向もあるため、本来の意味における「アダルト
チルドレン」の方を別の名称にしたほうがいいのではないかという指摘もあるくらいです。

本来の意味でのアダルトチルドレンというのは、簡単にいえば、機能不全家庭で育ち、肉体面
や精神面での虐待などを幼い頃から受けたことで、成人してもなお内心的なトラウマを持つと
いう人々のことをさします。

日本では「親の悪口は禁句」といった傾向がありますし、どれだけ愚かな親であっても子供は
尊敬するなり支える必要があるといった考え方が支配的ですから、ダメ親に虐待されても相談
出来る相手がいなく、一人で解決できない問題を抱え込む傾向があるわけです。

毒親と離れられたとしても「後遺症」が残りますので、常に不安や劣等感に悩まされる状況が
解消することもなく、一人ぼっちで生きづらさを感じている
のではないでしょうか。

恐怖と被害妄想が悪循環を繰り返すことで、現状を改善しようとする努力を全て砕いてしまう
といったケースも珍しくなく、なかなか抜け出すことができません。

精神科で薬をもらっても、その場の不快な症状を軽減するだけの対症療法でしかありませんの
で、アダルトチルドレンを解消するのは不可能ですし、カウンセリングを受けても必ず解決が
できるものではありませんから、出口の見えない暗闇を彷徨うことには変わりないのです。

そこで役立つのが「アダルトチルドレン専用トラウマ除去プログラム」です。

「感情の虐待」という着目点から、生きづらさを作り出している心理ブロックを消去していき
完全に解消することを目的としたプログラムです。

もちろん、あなた一人でいつでも好きな時に実践できます。

【続きを読む】

このページの先頭へ